交通事故による背中の痛み

文責:院長 柔道整復師 鈴木 団

最終更新日:2022年08月26日

1 交通事故で背中を痛めた方へ

 運転していたら相手に追突されたなど、交通事故の被害に遭われた方の中には、事故のあと背中に痛みを感じるようになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 場合によっては、事故からしばらく時間が空いてから痛みが出てきたという方もいらっしゃるかもしれません。

 また、背中だけでなく首から腰にかけて痛みがあるというケースもあります。

 交通事故のあとそのような痛みでお困りの方は、一度整骨院にご相談ください。

2 背中に痛みが生じる原因

 交通事故で背中に痛みが生じる原因としては、首周辺の筋肉が損傷していることが挙げられます。

 事故に遭われた際は普段では考えられないくらいの衝撃がお身体にかかることになります。

 その衝撃で首が大きく揺さぶられると、首周辺の筋肉が緊張し硬くなってしまうことがあります。

 この筋肉の硬直が背中にも影響を与えていることが考えられますし、筋肉が硬くなったことで骨盤が引っ張られ、身体に歪みが生じることで痛みが生じている場合もあります。

 「背中を直接ぶつけたわけでもないのに痛みがある」という場合は、周辺の筋肉の損傷が影響している可能性がありますので、その部分に対して施術を行うことが必要になります。

3 当院の対応

 上記のとおり、背中の痛みは必ずしも背中に原因があるとは限りませんので、まずはお身体の状態をみさせていただき、痛みの原因を探っていきます。

 交通事故の後、いつからどのような痛みがあるか、背中以外にも不調が生じている箇所はあるかなどをお伺いし、骨の歪みや筋肉の緊張、動かしにくくなっている箇所があるか等について検査で確認させていただきます。

 施術については、痛みの原因に応じた方法でアプローチしていきます。

 お身体に歪みが生じている場合はそれを整えるための施術を行い、筋肉が硬くなっている箇所があればそれをほぐすための施術を行います。

 お身体全体の様子をみながら丁寧に施術を行い、痛みが再発することがないよう、しっかりと原因を取り除くことを目指して対応させていただきます。

PageTop