交通事故によるストレートネック

文責:院長 柔道整復師 鈴木 団

最終更新日:2022年10月28日

1 ストレートネックについて

 通常ですと、頸椎はゆるやかにカーブしています。

 ストレートネックとは、本来カーブしているはずの頸椎が真っすぐになってしまった状態のことをいいます。

 長時間のデスクワークで前かがみの姿勢になったり、スマートフォンを見るときにうつむいた状態になってしまったりすることでストレートネックになることが多いです。

2 交通事故でストレートネックになる場合があります

 交通事故では首に大きな負担がかかることが少なくありません。

 そのため、事故に遭われた際に受けた首への衝撃が原因で、ストレートネックになってしまうことがあります。

 ストレートネックになると、頭の重みをうまく分散することができずに首に負担がかかり、様々な不調をもたらします。

3 ストレートネックよる不調

 ストレートネックになると、首や肩のこりのほか、場合によっては頭痛やめまい、手のしびれといった不調が生じることがあります。

 肩のこりを感じてもご自身でマッサージ等をして様子をみるという方もいらっしゃるかと思いますが、原因がストレートネックだとわからないままマッサージを行うだけでは、根本的な改善にはつながりません。

 交通事故に遭われた後に上記のような不調を感じた場合は、お早めに整骨院にご相談いただくことをおすすめします。

4 整骨院での施術

 首周辺の筋肉が緊張して硬くなっている場合にはその筋肉をほぐす施術を行ったり、お身体に歪みが生じている場合は全体のバランスを整える施術を行ったりします。

 一人ひとりのお身体の状態に合わせた施術を行うことが大切ですので、形式的な施術ではなく、きちんとお身体の状態を把握して対応してくれる整骨院にご相談ください。

 また、交通事故によるケガの施術について詳しい整骨院であったり、話を丁寧に聞いてくれて親身になって対応してくれる整骨院ですと、相談もしやすく、より安心して任せられるのではないかと思います。

PageTop